日本の競艇場

日本の競艇場

現在、日本には、各地に数多くの競艇場が存在しますが、この競艇場は、古くは「競走場」などと呼ばれていました。
「モーターボート競走」「ボート」などと呼ばれる事もあったモーターボートの競走が、「競艇」と統一されたのは1997年。
この頃より正式な呼称は「競艇場」になりましたが、その名残からか「競走場」と呼ばれる方は、今でも多くいらっしゃいます。
この「競艇場」には大きく分けて、2種類のタイプのコースがあります。
それは「浜名湖競艇場」や「びわこ競艇場」のような自然の水面を利用した物と、「住之江競艇場」や「尼崎競艇場」のような人為的に作られた水面の物です。
自然を利用した物のほとんどは、時間や、潮の満ち引きによって、レースの流れを変えてしまうほどに、水面に変化が起こってしまいます。
ですので、そういった情報についても、専門紙・専門新聞には詳しく掲載されています。
また、「桐生競艇場」・「住之江競艇場など」一部のところでは、ナイター競艇も行われており、日中とはまた違った雰囲気で、競艇を楽しむ事ができます。
その他にも、細かく1つ1つの競艇場をみて行くと、それぞれに個性的な特徴があり、競艇ファンの中には競技ではなく、競艇場自体のファンである方も存在するようです。
また、一般的には有名ではないかもしれませんが、各競艇場には、その他のスポーツと同じように、可愛らしいマスコットキャラクターもあり、一部の方たちの間で、コレクターがいるほどに、人気を集めているのだそうです。

関連ページ

競艇の名勝負
競艇は競馬などと並んで有名な賭け事の1つですが、スポーツとしてもとても魅力のある競技なのです。そして、何も知らずに行くよりも、知識を得てから行くとより楽しめます。協定について知っておきましょう。